椅子

遺品整理や家族葬で思い出を残す【供養し天国へと送り出そう】

Topic

故人に伝えるメッセージ

本

人が亡くなると葬儀を行うことになりますが、人によっては都合により葬儀に参加できない場合があります。昔からお世話になっている方や会社の同僚などの葬儀に参加しないと最後のお別れをすることが出来ません。そのため、葬儀に参列出来ない時には弔電を送るようにしましょう。弔電は葬儀に参列出来ない時に送る電報で、追悼の意を文字にして送ることが出来ます。弔電を送ることで故人はあの世で伝えたいことを知ることが出来ますし、残された遺族の方も故人の事を大切にしていたことを確認できます。

一言で弔電と言っても色々な種類があるので購入する際には吟味して選ぶようにしましょう。例えば、プリザードフラワー電報や刺繍電報など様々です。プリザードフラワー電報は水やりの必要無い花を使用しており、故人への手向けの電報として人気を集めています。価格も五千円ほどと高くはないので安心して購入できます。刺繍電報は花は付いていませんが、上品な作りとなっているのでこちらも弔電の中で人気となっています。このように、弔電はいくつか種類があるので故人に最適な弔電を選ぶようにしましょう。しかし、いくら綺麗な弔電を用意したからと言って送るタイミングを誤ってしまうと失礼に当たるので、その点には注意しましょう。弔電を送るタイミングとしては訃報が届いたら早ければ早いほうが良いとされており、通夜に到着するように送るのが望ましいです。また、送る場所は葬儀会場となっているので、故人の自宅へ送らないように気をつけましょう。